スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STH第2弾 フロントサイドノーズスライド(リップスライド)

さぁ!!みんながやってみたいトリック!!みんなが知りたいトリック!!そんなトリックをわかりやすく、そして少しマニアックに紹介するShowのトリックhowtoその名も・・STH第2弾です!

さて、今回はとにかくスタイルにこだわりたいこのトリック、フロントサイドノーズスライドです!



残念ながらinのシークエンスがないので、乗った時の形(スタイル)などにこだわってHowtoしたいと思います!









2008-08-19_00634.jpg
まずレール中盤のシークエンス。僕が必ず意識しているのは「片ケツの位置」です。乗りたい足の真上に、必ず片方のおしりがくるようにしてます。この写真では右側のケツだけがBOXの真上に乗っているのがわかると思います。
おしりは割れてて二つあるので(笑)片方のケツだけを意識する事によって、よりプレスがし易くなり、安定したバランスで乗る事ができるようになります。






2008-08-19_00635.jpg
そして!BOXを踏む足裏の「どこで踏むか?」にもこだわってみましょう。僕はいつも「足裏の外側」あたりでBOXに乗っています。またのちのHowtoでも詳しく説明しますが、「足裏の内側」のほうが乗りやすい人もいます。足裏ひとつとっても「内側」、「外側」、さらには「ややつま先より」や、「ややかかとより」など、その人によって乗りやすい場所が必ずあります。その場所をみつけられれば、どんなにアイテムが変わろうが、常に安定したノーズスライドを手に入れる事が出来るでしょう!そんな細かいところまで意識してBOXを練習してみましょう!






2008-08-19_00637.jpg
最後はOUTです。BOXを抜けてから、上半身と下半身がねじれた状態のまま、板をひきつけるとスタイルがでると思います。着地はゆっくりスムーズに板をランディングに合わせていきましょう。








いやー、シンプルな技ほど奥が深いという事です。まぁかなりマニアックになってきましたが・・・。

いぃーんですっ!!(カビラ風)

次回はジャンプのHowto予定です!お楽しみにー!!
スポンサーサイト

STH第1弾 バックサイドin270out

さぁ!夏なのにスノーボードがしたくてうずうずしているあなた!室内ゲレンデでがんばってるあなた!そう!そんなあなた!!そこのあなたやあなた!!

さまざまなトリックをシークエンスを交えHOWTOする、その名も、STH!!(ShowのトリックHOWTO)

記念すべき第一弾は、ジブ好きなら誰もがあこがれるこのトリック、



『バックサイドin270out』!



これができればジブマスターと呼ばれる日も近いでしょう!









2008-08-19_00653.jpg
まずはアプローチ。バックサイドロックと同じラインで入ります。



2008-08-19_00654.jpg
レールに乗る時、通常のバックサイドロックよりすこし強めの先行動作を入れて入るのがポイントです。



2008-08-19_00655.jpg
プレスするのはノーズ、テール、どちらでもよいですがテールに乗ったほうが返しやすいです。




2008-08-19_00656.jpg
レール中盤あたりから目線を肩越しに送っていきましょう。




2008-08-19_00657.jpg
ここから板を返していきます。後ろ足(テール)で踏み切るというより、前足(ノーズ)を引き上げながらスピンの方向に回しこむイメージで。




2008-08-19_00658.jpg
板を残し、上半身だけを先行させていきます。




2008-08-19_00659.jpg
レールが抜けたら着地を見ていきます。がっ!ここで腰が折れやすいので、目線は気持ち平行に送っていきましょう。下を見過ぎないように!




2008-08-19_00660.jpg
板をランディングに合わせていきます。




2008-08-19_00666.jpg
ランディングはトゥ着地で。ヒールだと逆エッジになるので注意!




2008-08-19_00667.jpg
目線を返すと転びやすいので、下をみたままランディングしましょう。







さぁ!!これを見て、みんなもしっかりイメトレだ!!そして来シーズンor室内orNZ(?)でLet`s make it!!

kids トレーニング

今日はまたまた朝から雪で、メスベンでも雪がちらほら。

キャンパー&kidsは全員offでゆっくりします。

がっ!!

KIDSたちは午前中からジムでトレーニングです!今日はKIDSたちのトレーニングメニューを紹介します。


まずはしっかりストレッチ。
P8080248.jpg

バランスボールを使い、プッシュアップ20回×3セット
P8080252.jpg

二人一組で手押し車。けっこう旧式なトレーニング!?でも効果はばっちりです。これも3セットずつ。
P8080253.jpg 

逆立ち20秒。これがけっこうきつい、プルプル言ってます。3セット!!
P8080255.jpg 

斜ケンスイは20回を3セット、なれてきたら角度を変えて付加を強めます。
P8080259.jpg 

腹筋は20回3セット。バランスボールを使うことで細かい腹筋を鍛えます。
P8080262.jpg 

ツイスト腹筋、30回3セット。ひねり動作を俊敏にします。
P8080263.jpg 

バランススクワット、15回3セット。不安定なボールの上でスクワットをすることでバランス力と脚部の筋力を鍛えます。
P8080265.jpg 

サイドジャンプ、20回3セット。BOXを飛越え連続でジャンプ。俊敏性を養います。
P8080266.jpg 

サイドステップ、10往復3セット。これも俊敏性を養います。
P8080269.jpg 

前方宙返り、トランポリンを利用して行います。楽しく体の動かし方を学びます。
P8080424.jpg 

『バランスと筋力』、このふたつを同時に鍛えることによって、よりスノーボードに実用的な体を作ります。kidsたちも日本に帰るころにはかなり身体能力がUPしているでしょう!!ほんとにひとまわり大きくなって帰ってくるかも!?


ターン中盤

B7FD0323.jpg

ターン中盤ですが、十分パワーがたまり、すでにターンを終わらそうとしています。

フロント前半

B7FD0321.jpg

フロント前半ス。
頭の位置と腰の位置とボード。
ボードの鉛直上に腰があり、頭はむしろヒールエッジサイドよりにあります。
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。